--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/11/01 17:41

一歳、おめでとうございます。

ブログのほうを、しばらくご無沙汰しておりました。
また、少しずつ書きこみをして、行こうと思います。

本日、出張に伺わせて頂いた、二軒のお宅には、
偶然にも、丁度一歳になられたお子さんがおられます。

何年も前から伺わせて頂いているお宅のSちゃんは、
ついこの間、お目にかかった時は、ママの隣にくっついて、
甘えておられたのに、今日は、歩いておられたので、びっくりしました。

大人っぽく見え、子供の成長の速さを感じました。
お母さんも、少しだけ、楽になられるでしょうか。

もう一軒のお宅のY君も、伝い歩きが、とっても上手です。
お母さんが、身体のメンテナンスをされている間、
とっても良い子で、待っていてくれました。

お母さんは、産後一年経過されたとはいえ、まだまだ、元の身体に快復されていない時期ですので、
意識的に、身体を労わってあげて下さいね!!


※二年くらい放置していたフェイスブックも、また書き込みを再開しました。
宜しかったら、こちらも、ぜひご覧くださいませ。
(個人的な、けっこうアホなことを書いていますが・・・(笑))

【フェイスブック】
http://facebook.com/satakey1
スポンサーサイト

2012/02/07 00:10

パワースポット

日本一のパワースポットと言われる、島根県の須佐神社に行ってきました。

神社そのものも、周りの風景も、
思ったより、ひっそりとして、静かでした。

それでいてやはり、ピンと背筋が伸びるような、凛とした雰囲気で、
そのあたり一帯に、厳かな空気が漂っていました。

須佐神社の境内にある、樹齢約1300年の大杉が、
特に、パワーがすごいのだそうで、根本にそっと手を当てて、
エネルギーを頂いてきました。
ブログ

ブログ2


↓ 宜しかったら、クリックをお願い致します



2011/10/03 00:49

映画「山の郵便配達」監督、フォ・ジェンチィ監督来広

DSCN4103 - コピー (588x800)
~フォ・ジェンチィ監督を八丁座にお迎えして~と題して、
広島フィルムコミッション主催の上映会が行われ、
参加して来ました。

フォ監督は、中国の映画監督で、
「山の郵便配達」(2001年)、「ションヤンの酒家」(2004年)、
「故郷の香り」(2005年)、「初恋の思い出」(2008年)、「台北に舞う雪」(2010年)などの作品を撮影された、
若手の監督です。

フォ監督は、瀬戸内海の景色が、日本の原風景だと、
とても気に入っておられ、今後、現代の時代背景で、
広島を舞台にした作品を作りたいと語っておられました。

とても楽しみです。

↓ 宜しかったら、クリックをお願い致します




テーマ : ひとりごと…雑記…きままに - ジャンル : 日記

2011/09/15 00:00

宮島 再発見

daishoin.jpg
9月9日~11日まで、三日間、

宮島の大聖院で、萬燈会(まんとうえ)が行われました。


夕方6時にもなると、
お土産屋さんの通りも、人影が少なくなり、
シャッターが降りているお店がほとんどです。

海岸沿いを歩くと、石燈籠に、火が灯り、
大鳥居や、厳島神社は、ライトアップされて、とても美しい。

厳島神社の裏手を、しばらく歩くと、
なだらかな坂があり、
参道から、大聖院につながる階段まで、
沢山のロウソクが、灯されて、とても幻想的でした。

心が、癒されると言いますか、
まさに、『静寂』の時間が流れます。

神の島なのだなと言う実感を、しみじみ感じました。

↓ 宜しかったら、クリックをお願い致します




続きを読む »

2011/08/30 23:54

聖母

産後の骨盤矯正を含む施術の依頼を頂き、

生後間もない赤ちゃんから、幼稚園、小学生低学年くらいのお子さんがいらっしゃる
お母さんと、よくお会いします。

小さなお子さんがいらっしゃる方でも、
もちろん、同伴でお越しいただけますが、
お子さんの慣れた環境の中で、
お母さんが、落ち着いて施術を受けられるということと、
やはり、赤ちゃん連れの外出は、大変だというような理由から、
よく、出張施術に伺わせて頂いています。

昨日も、小さな赤ちゃんと2つ離れたお兄ちゃんがいらっしゃるお宅に伺いましたが、
その時、しみじみ、思いました。

やっぱり、お母さんは、子供にとって、
絶対的なものなのだなーと・・・。

そして、子供さんに向けられるまなざしは、
まさに、聖母、そのものだと、
しみじみ・・・感じて、
とっても感動しました。

昨日伺ったお宅で、施術を受けられたお二人とも、
とても若いお母さんでしたが、
本当に、しっかり『お母さん』をされている印象でした。

私など、足元にも、及ばないなと、
恥ずかしい気持ちさえしました。

お母さん・・・

どうぞ、ご自身の身体を労わってあげて下さいね。
お母さんは、50才になっても、60才になっても、
お子さんにとっては、ずーーっといてほしい存在なのですから。。。


↓ 宜しかったら、クリックをお願い致します



テーマ : ひとりごと…雑記…きままに - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。