--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/23 19:03

骨格のゆがみについて

骨格が歪むとどうなるのでしょう

やさしい整体 秋桜カイロです。

今日は骨格のゆがみについて

皆さん、ご存知のように、人間の身体には神経が通っています。
脳からの指令はすべて神経を経由して各組織に伝達されます。
この神経は身体の細部にまで通っていて、すべての神経を1本につなげると何と地球を2周半してしまうくらいあるんです。この神経の基幹となるのが脊髄です。

脊髄は、脊椎(いわゆる背骨)の中を通って腰まで伸びています。
そこから枝分かれして身体の各部に伸びて行くわけです。
さて、その脊椎が歪んでいたらどうなるでしょう?当然、その部分の脊髄は何らかの圧迫を受けます。
そうすると、そこから枝分かれしている神経に、脳からの指令が思うように伝達されなくなります。
そうなると、当然その部分の筋肉や臓器の動きが鈍くなります。
筋肉(腕とか脚とか)の動きが悪くなれば実感として判ると思いますが、臓器の動きが鈍くなっても実感がありません。むしろそれが当然と思うようになってしまいます。
それが慢性病となって行くのです。
胃が悪い人は、ほとんどその部分の背骨が歪んでいますし、肝臓が悪い人もしかりです。
足がむくむ人、肩が上がらない人、それぞれ、その部位の動きをつかさどる神経のもとになる背骨が歪んでいる場合がほとんどです。ですから、私達カイロプラクターは、背骨の歪みをみて、患者さんの気が付かない内臓疾患を見つけることが出来る場合も少なくありません。

<< タイトルなし | ホーム | カイロプラクティックについて >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。