--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/09/15 00:00

宮島 再発見

daishoin.jpg
9月9日~11日まで、三日間、

宮島の大聖院で、萬燈会(まんとうえ)が行われました。


夕方6時にもなると、
お土産屋さんの通りも、人影が少なくなり、
シャッターが降りているお店がほとんどです。

海岸沿いを歩くと、石燈籠に、火が灯り、
大鳥居や、厳島神社は、ライトアップされて、とても美しい。

厳島神社の裏手を、しばらく歩くと、
なだらかな坂があり、
参道から、大聖院につながる階段まで、
沢山のロウソクが、灯されて、とても幻想的でした。

心が、癒されると言いますか、
まさに、『静寂』の時間が流れます。

神の島なのだなと言う実感を、しみじみ感じました。

↓ 宜しかったら、クリックをお願い致します




続きを読む »

スポンサーサイト

2011/08/30 23:54

聖母

産後の骨盤矯正を含む施術の依頼を頂き、

生後間もない赤ちゃんから、幼稚園、小学生低学年くらいのお子さんがいらっしゃる
お母さんと、よくお会いします。

小さなお子さんがいらっしゃる方でも、
もちろん、同伴でお越しいただけますが、
お子さんの慣れた環境の中で、
お母さんが、落ち着いて施術を受けられるということと、
やはり、赤ちゃん連れの外出は、大変だというような理由から、
よく、出張施術に伺わせて頂いています。

昨日も、小さな赤ちゃんと2つ離れたお兄ちゃんがいらっしゃるお宅に伺いましたが、
その時、しみじみ、思いました。

やっぱり、お母さんは、子供にとって、
絶対的なものなのだなーと・・・。

そして、子供さんに向けられるまなざしは、
まさに、聖母、そのものだと、
しみじみ・・・感じて、
とっても感動しました。

昨日伺ったお宅で、施術を受けられたお二人とも、
とても若いお母さんでしたが、
本当に、しっかり『お母さん』をされている印象でした。

私など、足元にも、及ばないなと、
恥ずかしい気持ちさえしました。

お母さん・・・

どうぞ、ご自身の身体を労わってあげて下さいね。
お母さんは、50才になっても、60才になっても、
お子さんにとっては、ずーーっといてほしい存在なのですから。。。


↓ 宜しかったら、クリックをお願い致します



テーマ : ひとりごと…雑記…きままに - ジャンル : 日記

2010/09/04 11:22

マザーテレサの言葉

生誕100年記念 マザー・テレサ映画祭に足を運び、
映画を見て来ました。
topimage_01[1]


会場では、教会関係の方が、映画を見に来られた方に、
「マザーテレサのメッセージです」と、
小さなお手紙を渡されていた。

私が頂いたメッセージは、
“できないことは 神様がおのぞみではないのだと思いなさい。(マザー・テレサの言葉)”
と書かれていた。

こなしきれないくらい、あまりに沢山のことを抱え、
押しつぶされそうな気持ちになりなが、
もしかしたら、子供からお年寄りに至るまで、
現代の誰にも当てはまることかもしれないが、
本当の意味で、心のゆとりを失くしているような気がする。

昔に比べて、一人がこなして行く役割や仕事が、
ずっと増えているのではないだろうか。。

やっても、やっても、やらなければいけないことが片付かない、
自分の力以上のことを要求されたり、
要求はされていないけれど、自ら、責任感や義務感、
義理や人情などのしがらみ、何かに追い立てられるような感じで、
「私がやらなければ!!」・・・と自分を追い込み過ぎてはいないだろうか。。。

子育て、仕事、介護、家事、妻として夫として、親として子供として・・

一人が何役も、こなしつつ、
とうてい出来ないと思われることまでも、
ガムシャラニなって頑張っているのかもしれない。

頑張り過ぎて、心を病んだり、前に進めなくなったり立ち止まったり・・・。

そんな時は、立ち止まって、何も考えず、
ゆっくり深呼吸をして、町を抜け出し、
風の音を聞いたり、木々の香りを嗅いだり、
波の音を聞いたり、静かに夕陽を眺めたり、
時間を忘れて、ほんの1~2時間でも良いから、
時空を超えて、何も考えず、ぼーーーーーーーーーっとしてみるのも良いかも知れない^^


「できないことは 神様がおのぞみではないのだと思いなさい」

マザーテレサの言葉に、ふっと力が抜ける気がした。
と同時に、明るい気持ちで、明日も元気に頑張ろうという、
勇気を貰った気がした。

私も、ちょっと、一呼吸 一呼吸

↓ よかったら、クリックお願いします



テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

2008/02/19 10:33

春一番

春一番が吹く前、2月前後の、本当なら一番寒いこの季節、
風の中に、春の香りを感じる事があります。
木の芽の芽吹く前、寒さに耐えている生命の香りなのか、
既に春を迎えた遠い国から運んでくる風なのか・・・私の錯覚なのか・・
毎年、道を歩いていて、“あっ! 春のにおいがする!!”と感動する一瞬があります。
そんな話を誰かにしても、こんな寒い季節に春の香りなんて・・と言われます。
でも、過去に一度だけ、「あーーー!! 私も私も!!」と同じ経験を語り合えた女性がいました。
とても若い美容師さんでした。

その、春の香りを、昨日、道を歩いていた時に感じました。

もうすぐ春が来るんだなぁ・・・と、そんなことを感じた一日でした。

shima

 

 


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。